読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンムーンシーズン2【最高最終2105】

 どうも皆さん始めまして、ずんだもちです。今回はタイトルの通りレート2100に乗ることが出来、気分が良かったので構築記事を書くことにしました。

 

 この記事を書いている時点ではまだシーズン2が終了していませんが、ツイッター等を見る感じ今期は2100や2200が大勢出ていそうですね。そう考えると2100の価値もいくらか薄れていそうですが、私が満足出来たからそれで良いのです。

 

 はい。それでは前置きはこの辺で構築紹介です

 

f:id:zundapoke:20170321083548j:plain

 

f:id:zundapoke:20170321084332p:plain

ボーマンダ@メガ石 せっかち 特性:威嚇→スカイスキン

メガ前:170-187-90-130-100-167

メガ後:170-197-135-140-110-189

 技:すてみタックル/りゅうせいぐん/大文字/羽休め

 

最早相棒と言っても良いメガ枠。2100越えたシーズンはほぼ全てこいつ軸である

 

種族値120の高速高火力両刀アタッカーが弱い訳は無いのだ

Dでは無くBを下げたのは気分です。元々Bは高いから少しくらい落としても良いと思ったのです。これが原因で負けた対戦は多分無い

 

羽休めが入っているのは、対受けループやサイクル戦の際に上手く回されて削られるのがムカついたからです

 

選出率は後述する理由の為5位である

 

f:id:zundapoke:20170321085833p:plain

ウツロイド@スカーフ おくびょう 特性:ビーストブースト(C上昇)

実数値:185-×-67-179-151-170

技:パワージェム/ヘドロウェーブ/めざめるパワー(氷)/ステルスロック

 

最強のポケモン。選出率トップのエース

 

舞ったリザ・ガモス・マンダ・カプ4神・ガブランド等々、環境に多いポケモンを滅ぼす神ポケ。相手に岩か毒の一貫がある特はこいつ1体で試合が終わる事もあるが、ギルガルドナットレイに何も出来ないので交換読みは必須

 

コイツが苦手とするガルーラや削れていないガブランドマンムーといったポケモンは裏のテッカグヤである程度相手が可能なので、積極的に初手で投げて行ける。最速スカーフテテフや最速リザ・ガモスの存在を考えると臆病以外はありえないと個人的には思う

 

f:id:zundapoke:20170321091130p:plain

テッカグヤゴツゴツメット ずぶとい 特性:ビーストブースト(B上昇)

実数値:204-108-163-134-121-81

技:ヘビーボンバー/火炎放射/めざめるパワー(氷)/宿木

 

物理受け枠兼クッション。コイツでなんでも見ようとしてはいけない。選出率2位

 

ハッサムやミミッキ対策で採用したポケモン。このポケモンに関しては言う事が無い。物理に対してはそれなりの働きはしてくれた

 

f:id:zundapoke:20170321091910p:plain

 

 ヒートロトム@炎Z    ひかえめ    特性:ふゆう


実数値:157-×115-172-127-107


*B個体値6


技:オーバーヒート/10万/ボルチェン/めざめるパワー(氷)

 

    PTの炎枠。ナットレイギルガルド、カプコケコと戦える優秀なポケモン。選出率3位

 

    炎Zにした理由は、眼鏡だとオバヒでギルガルドメガゲンガーを落とした後裏に居るポケモンの起点にされるから。


    最終日、1900中盤から無敗で2000後半まで駆け上がれたのは間違い無くこの子のおかげです


   有利対面を作ったら積極的にZオバヒをぶっ放す。初手でガルーラと対面した時もとりあえずZ撃つ。相手は裏のテッカグヤを警戒してか炎技を良く撃ってきたので、運が良ければZ→テッカグヤ引きで勝手に死にます


    B個体値が低い所為で、マンムーガブリアスの岩石封じ2発で落ちるのがあまりにも痛かった。特訓してきます

 

 

f:id:zundapoke:20170321150945j:plain 

カプ・レヒレ@リンドの実   ひかえめ   特性:ミストメイカー


実数値:175-×-135-161-150-108

技:ハイドロポンプ/ムーンフォース/自然の怒り/挑発


バシャーモや受けループと戦えるアタッカー。選出率4位


相手にバシャーモが居ない場合はほぼ選出しない。持ち物が水Zだった頃は非常に高い選出率だったのだが、リンドの実にした途端選出出来なくなった。これも全ては草Zバシャーモが悪い


持ち物のリンドの実は草Zバシャーモピンポ。自慢の草Zで負けるのに耐えられなかったので、汎用性を捨ててリンドの実を持たせた。結果としては2000帯で何度か草Zバシャーモを返り討ちにしたので正解だったのだろう

 f:id:zundapoke:20170321151945j:plain

 カミツルギ@鋼Z  ようき  特性:ビーストブースト(A上昇)


実数値:135-233-151-×-51-177

技:リーフブレード/スマートホーン/聖なる剣/剣舞


 受けルを殺すポケモン。ついでに胞子の一貫も切れる。選出率最下位


受けループにジワジワ嬲り殺されて発狂したく無かったので採用したが、受けループに当たらなかったので実質5体で戦っていたも同然であった。多分襷キノガッサ入れてた方が強かったと思う

 

A+2鋼Zでメガフシギバナ確定なので、舞えれば大抵の受けルには勝てる筈。無理だったら裏のレヒレとマンダに任せます。ゲンガーはやめてね



    このPTを使い始めたのはシーズン2最終日の夕方からで、開始レートは1805でした。絶対勝てないゲッコウガとあまり当たらなかったのは運が良かったです。シーズン2終盤には他ゲーに嵌ってしまいもう今期はやらなくて良いかなとか考えたりもしましたが、最終日になって高レートを目指したくなりました。結果は2105。インフレシーズンという事を考えると全く高くない微妙な数字ですが、個人的には満足でした



シーズン3はクチート軸で頑張ります